セーバー病(踵骨骨端症)による踵(かかと)の痛みに対する症状改善や施術、リハビリはお任せください!

セーバー病とは?

セーバー病とは踵の痛みを主訴とする、小学生から中学生にかけてよくみられるスポーツ障害です。

 

陸上選手(マラソン、短距離走者etc)、ラグビー、サッカー、ハンドボール、テニス、バドミントン等・・・

踵に衝撃が加わるようなスポーツ(ジャンプ・ダッシュ)等の跳躍したり走ることが多いスポーツに多く見られ、基本的にはオーバーユースで発症します。

 

セーバー病の原因

セーバー病は骨端線と呼ばれる(いわゆる成長線)ものが、炎症を起こしたものです。

 

踵にはアキレス腱、足底腱膜が付着しています。度重なる練習やトレーニングで酷使し、それらの腱・筋肉の牽引力が踵骨に加わり続けることで、骨端線部、骨端軟骨部に炎症を起こします。

場合によっては極度の血流障害によって壊死を起こすこともあります。

 

セーバー病の症状

筋肉が硬くなりやすい起床時や練習開始時、練習後に痛みがでやすいです。

ジャンプやダッシュをしたときに足底に痛みがでます。

「ピキッ」とした裂けるような痛みがすることもあります。

 

足底筋膜は伸張性を損なっているので、足底筋膜そのものが硬くなり、足底に存在する短母趾屈筋、短趾屈筋などが硬化し、硬結や圧痛を認めることもあります。

 

京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院の施術法

足底筋膜と足底筋群の柔軟性を取り戻し、柔らかくする必要があります。

足底はアキレス腱・ふくらはぎ(下腿三頭筋)による牽引力が作用しますので、ふくらはぎに対しても施術を行います。

 

足底~ふくらはぎ~大腿後面の筋肉・筋膜はスーパーフィシャルバックラインと呼ばれる連結をもっていますので、足底を中心としながらも、下肢全体に施術を行い、バランスを整えていきます。

 

自宅で出来る足底部、ふくらはぎのストレッチや、足の裏に対するセルフケア法をお伝えし、より早い改善をサポートいたします。

 

足底筋膜炎は我慢して放置しておくと、慢性化に一途をたどります。

早めの対処が、早期改善につながります。

 

足の裏や踵が痛むような気がしたらお早めにご相談ください。

 

スポーツ障害のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

副院長 辻 大稀(柔道整復師)

 

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

 

受付時間

 
9:00~21:30 12:00

21:30
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

コメントを残す