疲労骨折の予防・施術はお任せください!

疲労骨折とは、骨に度重なる負荷がかかることで骨折することを言います。

骨折とはいっても、完全骨折になることは少なく、ヒビや剥離骨折や裂離骨折といった不全骨折が多いです。

疲労骨折の原因

疲労骨折はスポーツ選手やアスリートに多く見られ、様々な骨で発生します。

疲労骨折は衝撃外力の集積により生じます。

また、筋肉がオーバーユースによって疲労し、骨に対する負荷が強く蓄積され続け、骨折に至る例や、筋肉が繰り返し牽引し骨折する場合もあります。

 

発育期の10歳代、筋肉量が増える時期であり、トレーニングがハードになる時期は要注意です。

 

疲労骨折が多くみられる骨は、中足骨(足部)、脛骨・腓骨(ふくらはぎの骨、下腿骨)、大腿骨、肋骨、尺骨、肋骨、腰椎(腰椎分離症)など多くの部位でみられ、特に長管骨といわれる長い骨に多いです。

オスグッド症やシンスプリントなどが悪化した場合も疲労骨折となることがあります。

 

疲労骨折の症状

疼痛が主症状です。

骨折部に熱感、腫脹を認めることもあります。

 

始めは軽い痛みや疲労感だったが、徐々に痛くなってきて、医師の診断を受けたら疲労骨折と診断を受けた・・・という例も多いです。

 

疲労骨折の予防

疲労骨折といわれているように、大切なのは疲労のケアをすることです。

 

疲労によって筋肉が硬くなって柔軟性が損なわれ、体のバランスが悪くなって負荷が集中してしまうことがリスクになります。

筋肉を柔らかくするストレッチを毎日続けること、マッサージを受けて筋肉の疲労を改善し、血流を良くすることがとても大切です。

もし、疲労がなかなかとれなかったり、ずっと痛みがとれない状態が続いている場合は、早めに専門の先生に相談することをオススメいたします。

 

BodyDesignなかざわ鍼灸整骨院の施術法

疲労骨折が発生している例では、深筋リリース法、マッサージ、トリガーポイント療法などを用いて、肉の疲労と筋肉の硬さ、筋緊張、血流を改善させます。

筋肉が柔らくなり、疲労による筋緊張、血流が改善されると骨への負荷も下がります。

そうすることで疼痛も軽くなり、一層改善しやすくなります。

 

疲労骨折になってしまっても、施術することで早期改善を目指せますが、一番は疲労骨折を予防することです

 

日頃適切なストレッチを継続し、メンテナンス施術を受けることをオススメいたします。

なかざわ鍼灸整骨院では、ストレッチが続かない方に対してのメンタル的なアドバイス、ストレッチ指導も行っております。

 

ぜひ、ご相談ください。

 

スポーツ障害のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

副院長 辻 大稀(柔道整復師)

 

 

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

 

受付時間

 
9:00~21:30 12:00

21:30
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

コメントを残す