ランナーが腰痛になる原因は?施術とパフォーマンスはお任せください!

腰痛(ランナー)

ランナー、陸上競技選手のあなたは腰痛にお悩みではありませんか?

もしかすると、その腰痛は「大腰筋(腸腰筋の一部)」が原因かもしれません。

 

大腰筋とは、腰椎から大腿骨内側に付着する筋肉です。

股関節を前に振り上げるとき、いわゆる「もも上げ」をするときに作用します。

いわゆるストライド(歩幅)の大きな選手はこの筋肉が効率よく機能しています。

 

股関節の筋肉に分類されますが、腰椎から起始しますので、大腰筋が硬い選手は腰痛の原因になる可能性があります。

 

腰痛で腰部や殿部を施術しても、なかなか腰痛が改善しない・・・

このようなときは大腰筋がトリガーポイントになっていることがあります。

 

京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院のランナーのための腰痛施術法

大腰筋は深部に位置する筋肉ですので、腰部を後ろから触っても、広背筋、胸腰筋膜、脊柱起立筋群、腰方形筋などが多層で存在しますので、刺激が入りません。

ですから、鍼を用いたり、腹側から深筋リリースを用いて丁寧に施術する必要があります。

大腰筋だけではなく、DFL(※ディープフロントライン)という深層の筋膜で連結するルートを施術することで、さらに大腰筋を改善することできます。

※ディープフロントライン:腸腰筋(大腰筋+腸骨筋)→内転筋→後脛骨筋

 

また、大腰筋のストレッチも効果的ですので、ご自宅でのセルフケアもお伝えさせていただきます。

 

大腰筋は「走る」ことにおいて非常に重要な筋肉です。

鍛えるだけではなく、柔らかくすることで、腰痛予防にもなりますし、しなやかに機能することでストライドが大きくなります。

 

お悩みの方はぜひご相談下さい。

 

スポーツ障害のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

副院長 辻 大稀(柔道整復師)

 

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

 

受付時間

 
9:00~21:3012:00

21:30
9:00

17:00
※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました