上前腸骨棘の炎症による痛みの症状改善や施術、疲労骨折の予防、リハビリはお任せください!

上前腸骨棘

上前腸骨棘とは?

上前腸骨棘とは、ベルトがかかる部分にある体表から触れる骨のでっぱりのことを言います。

上前腸骨棘には縫工筋・大腿筋膜張筋といった筋肉が付着します。

これらの筋肉のオーバーユースによって上前腸骨棘部が炎症を起こしたり、筋肉が疲労し、硬くなることて痛みがでたりすることで症状がでます。

また、成長期(10代)のスポーツ選手に多く、筋肉の付着部の骨が剥がれる裂離骨折、度重なる負荷によって疲労骨折をケースもあります。

上前腸骨棘の炎症による症状は?

運動時、特にジャンプ、ダッシュ、足を内にいれた切り替えし動作・ステップなどによって上前腸骨棘に疼痛が生じます。

急性期では、階段昇降や歩行時にも痛みが出ます。

炎症と骨折の鑑別にはレントゲンやMRI検査などを必要となります。

上前腸骨棘の炎症なかざわ鍼灸整骨院の施術方法は?

疲労骨折・上前腸骨棘部の炎症であれば、疼痛の原因となっている筋肉、特に大腿筋膜張筋を柔らかくして症状を改善させていきます。

大腿筋膜張筋だけではなく、股関節周囲に筋肉(殿筋群、腸腰筋、縫工筋)なども併せて施術し、筋肉の緊張を取り除き、柔軟性を獲得させていきます。

ストレッチを行っても激しい痛みがでなければ、ストレッチも指導して自宅でのセルフケアもおこなっていただきます。

 

上前腸骨棘に痛みが出た段階であれば早期に改善することが可能です。

症状が悪化し、疲労骨折・裂離骨折を伴うと時間がかかってしまいます。

上前腸骨棘に痛みが出た、と感じましたらすぐに施術を行うことで、早期予防・早期改善につながります。

 

お困りの際はぜひ、なかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

スポーツ障害のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

副院長 辻 大稀(柔道整復師)

 

 

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

 

受付時間

 
9:00~21:3012:00

21:30
9:00

17:00
※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました