足関節捻挫(足首)の症状や治療、リハビリはお任せください!

足関節捻挫の症状は?

足首を捻る事で、足首にある靭帯・関節包・筋肉などを痛めている状態です。

多くの場合は足を内側に捻り、足首の外側を痛める内反捻挫となります。

くるぶしを中心に腫れや痛みがあり、内出血などを伴う場合もあります。

強度に捻った場合は、剥離骨折なども起こすことがあります。

なかざわ鍼灸整骨院の施術方法は?

靭帯、関節包、筋肉、いずれの損傷であれ、患部を修復するのに必要なのは血流となります。

損傷した患部をあまり動かさず、損傷が広がらないようにするため、患部の周囲は筋肉が硬くなろうとする身体の性質があります。

しかし、周りの筋肉が硬くなると、患部の損傷部を吸収していく血流やリンパの流れが悪くなり、修復を遅らせる結果となります。

なかざわ鍼灸整骨院では、受傷直後から患部の周りの筋肉を施術して柔らかくして、血流とリンパの流れを良くする事で炎症が早く治まり、修復が早まるよう施術していきます。

また、回復の程度をみて、包帯、テーピング、サポーターなどを使い分けながら、早期復帰に向けてリハビリメニューを開始していきます。

お客様の声

 

スポーツ障害のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

院長 中澤 克夫(柔道整復師/鍼灸師)

 

 

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

 

受付時間

 
9:00~21:30 12:00

21:30
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

コメントを残す