ハムストリングス 肉離れの原因・症状や治療方法は?

半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋(長頭・短頭)で構成される太腿の裏の筋肉をハムストリングスといいます。

筋繊維・筋膜の損傷及び部分断裂・完全断裂のことを言い、「筋断裂」のことを肉離れと呼んでいます。

ハムストリングスの肉離れの原因は?症状は?

急激な筋収縮や、筋肉の急激な伸長、繰り返される筋肉への負荷によって受傷します。

また、ハムストリングスの柔軟性が低い、硬い筋肉の方が発症しやすく、急激な筋伸張によって負荷に耐え切れず損傷することが多いです。

瞬発力が必要なるスポーツ、短距離走者、テニス、ハンドボール、ラグビー、サッカー、野球など多くのスポーツ場面でみられます。

肉離れの基本的な症状は、筋肉の損傷具合で変わっていきます。

基本的には三段階に分類していますので、ご覧ください。

I度(比較的軽症)

筋線維の微細な損傷。内出血もみられない。

患部に軽い圧痛。陥凹は無し。

歩行時に痛みはあるが可能。

ランニング・ジャンプ全力を出せない、もしくは不能(できる場合もあります)。

II度(中等度)

筋線維・筋膜の一部が損傷、部分断裂も考えられる。

患部の圧痛が著明。

患部に陥凹がみられる場合があり、内出血がみられる。

歩行は可能なことが多いが、困難。

ランニング、ジャンプ、ランジ、スクワットは不能。

III度(重症)

筋肉の完全断裂、もしくは部分断裂。

強い圧痛と自発痛、内出血が著明である。

患部に陥凹があり、歩行不能。

手術が適応となる場合がある・

※筋肉が完全に断裂し、連続性が損なわれると陥凹ができます。

これらの損傷度は他の肉離れ(腓腹筋・ハムストリングス、上腕二頭筋など)と多少の違いはありますが、適応されます。

整骨院で治療できる範囲はI~II度損傷です。

ハムストリングスの肉離れ 治療方法は?

なかざわ鍼灸整骨院の施術方法は

①   損傷した筋肉の回復を促進させる。

②   硬くなったハムストリングスの柔軟性を改善させる

③   必要であれば筋力を取り戻すリハビリメニューを行なう

④   再発防止を目指す

です。

急性期であれば、アイシング、弾性包帯やテーピングを用いた圧迫をおこない、足を心臓より高く上げた状態をキープします。

急性期にどれだけ内出血を抑えられるかが重要です。

これはふくらはぎの肉離れと同じです。

急性期が過ぎれば、温めていきます。

なかざわ鍼灸整骨院では急性期であっても、肉離れしているハムストリングスの患部ギリギリまで施術をおこないます。

患部周囲の筋肉が硬く緊張していると、疼痛が増します。

なぜかというと、かさぶたや傷口って周りの皮膚を引っ張るだけでも痛みませんか?

肉離れもこのイメージで構いません。

患部ギリギリまで施術することで周囲の筋肉の緊張がゆるみ、症状が改善しやすくなります。

またハムストリングスを柔らかくし、血流を良くするためにも、SBL(スーパーフィシャルバックライン)という足底~腓腹筋~ハムストリングスを連結させる筋膜ライン

下肢全体の血流を良くするために、DFL(ディープフロントライン)といわれる、内転筋や下腿部の深部筋肉を連結させる筋膜ラインにも施術をおこなっていきます。

特に血流に関与する内転筋とふくらはぎは重点的にアプローチします。

患部に対して施術を行なっても不快な痛みがでなくなってきたら、患部に直接施術していきます。

そして、ストレッチを行ないつつ柔軟性をさらに獲得していただきます。

ハムストリングスの肉離れを早く治す方法

早期回復・早期復帰のポイントは、

受傷直後はアイシングと包帯やテーピングによる圧迫を行ない、ハムストリングスの患部ぎりぎりまで施術することです。

とにかく早期に治療を開始することが、再発防止にもつながりますし、圧倒的に回復が早いと感じます。

ハムストリングスの肉離れかな?と思ったらお早めにご相談くださいませ!

ハムストリングスの肉離れのことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

副院長 辻 大稀(柔道整復師)

 

 

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

 

受付時間

 
9:00~21:30 12:00

21:30
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の原因・症状は?早期回復はお任せください!

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の原因は?

腸脛靭帯は、太ももの横側を骨盤から脛骨(すね)まで走行する長い靭帯です。

腸脛靭帯は膝関節の屈曲・伸展に伴い大腿骨の外側上顆(がいそくじょうか)を後方から前方へ移動します。

この時に繰り返される運動によって、腸脛靭帯が骨と擦れて、炎症を起こすことで発症します。

腸脛靭帯炎はフルマラソン後のランナー、長距離ツーリング後のロードバイク乗りの方に多くみられます。

この記事を書いている辻も、フルマラソン後に腸脛靭帯炎になったことがあります・・・。

急性期は歩くだけでも相当痛く、寝起きの立ち上がりも困難でした。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の症状は?

症状には個人差はありますが、

・膝の外側が腫れぼったく感じる

・膝の外側の痛み、膝を曲げたり・伸ばすときに痛む

・歩いたり階段を上ると痛む

・寝起きに立とうとすると激痛が走る

などがみられます。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)は、アイシング(冷やす)?治療法は?

急性期であれば、腸脛靭帯の炎症を抑えるために、アイシング(冷やす)を提案しております。

痛みによって足を引きずったり、痛みに過敏になり慎重に歩こうとすることで、ふくらはぎや太腿の筋肉までも硬くなり、血流を悪化させ治癒を遅延させます。

腸脛靭帯と連結する

①大腿筋膜張筋

②大殿筋

③外側広筋といった筋肉・筋膜

を徹底的に緩めて、柔らかくし、腸脛靭帯にかかる張力を抑えます。

下肢全体の筋緊張がある場合は、ふくらはぎや太腿全体も手技で施術します。

これだけでも、かなり痛みは改善されます。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)を早期回復(早く治す)するには・・・

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の早期回復(早く治す)・早期復帰のポイントは、

受傷直後に腸脛靭帯と連結する筋肉・筋膜をゆるめて患部への負荷を減らし、下肢全体の筋肉を柔らかくすることで血流・リンパの流れを良くすることが大切です。​​​​​​​

腸脛靭帯炎(ランナー膝)のことなら京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院

副院長 辻 大稀(柔道整復師)

 

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

 

受付時間

 
9:00~21:30 12:00

21:30
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

ランニングやマラソン後になぜ肩こりがおこるのか?原因と解決方法は?

ランナーさんの中には「普段肩こりを感じないけど、フルマラソンとか、20~30㎞走ると肩が痛くなったり、だるくなるんです」という方が結構な頻度で見受けられます。

ランニングやマラソン後の肩こりの原因は?

ランニングやマラソン後の肩こりは、色々な原因が考えられます。

・走っている姿勢の悪さ

・肩がすくんでいる(いかり肩とも言います)

・肩甲骨を動かす筋肉が硬く、腕をスムーズに振れていない

・呼吸が辛くなり、肩で息を吸っている。

などがあります。

それぞれの原因が組み合わさっていることがほとんどですが、一番のポイントは肩甲骨の筋肉です。

肩甲骨は、人体のなかでも極めて稀な骨です。

周り全てが筋肉で覆われており、骨制の制動をほとんど受けず、可動域も広いです。

その広い可動域をつくっているのが筋肉です。

つまり肩甲骨を動かす筋肉が硬くなり、血流が滞り、酸素不足となり走っている時に症状がでやすくなります。

ランニングやマラソン後の肩こりの解決方法は?

ランニングやマラソン後の肩こりでお困りでしたら、なかざわ鍼灸整骨院にお任せください!

なかざわ鍼灸整骨院の施術方法は、肩甲骨に付着する筋肉を徹底的に柔らかくし、長距離ランに耐えうる筋肉に変えていきます。

・肩甲挙筋

・僧帽筋横部

・菱形筋

・前鋸筋

・三角筋

・肩甲下筋

・・・

などあらゆる筋肉に対して施術していきます。

これらは筋肉同士の筋連結や筋膜同士でも連結していますので、全体的に施術することで効果が格段にあがります。

肩甲骨の筋肉に対するストレッチや動作指導もあわせていきます。

ストレッチポールをお持ちの方には、副院長の辻がセルフケアに使えるエクササイズも指導します。

なかざわ鍼灸整骨院の施術方法は、肩甲骨周囲の筋肉を柔らかくし、血流を良くすることで、肩甲骨がスムーズに動き、腕が振りやすい状態に致します。

ランナーの方が、早期回復し、ランニングを気持ちよくしてもらえるようサポートさせて頂きます。

ランニングやマラソン後の肩こりのことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

副院長 辻 大稀(柔道整復師)

 

 

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

 

受付時間

 
9:00~21:30 12:00

21:30
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。