院長・スタッフ紹介

中澤 克夫(院長)

京都府城陽市生まれ

■鍼灸師(国家資格)
■柔道整復師(国家資格)
全国柔整鍼灸協同組合 会員

タッチラグビーワールドカップ
2011スコットランド大会
2015オーストラリア大会
日本代表

私が医療の道に入ったのは、学生時代の出来事がきっかけでした。

その頃の私は、勉強そっちのけで陸上とラグビーに情熱の全てをかけていました。

特にラグビーをしていた高校時代は放課後の練習だけでは飽きたらず朝は一人で朝練、昼も一人で昼練、授業中は放課後に備えてイメージトレーニングに励み、誰よりもラグビーを愛しているという自負と、誰よりも練習しているという自信を持ち、大好きな事を思い切り出来る幸せな毎日でした。

そんな私に事件が起こったのは高校3年生の春でした。

病院で「高校でのラグビーはもう無理。」と言われるほどの大怪我をおってしまったのです。天国から地獄とはまさにこの事でした。

これほど大好きで、自分の人生そのものと言えるラグビーが出来ないという悲しさに、男ながらに親や友達の前で涙を流した事を覚えています。

しかし、復帰を信じて手術し、必死でリハビリした事と多くの医療人の方々のサポートを受けられた事で、どんどん回復!

松葉杖無しでグランドに立てた時の 感動は今も忘れることが出来ません。

たくさんの友達が応援に来てくれた中、最後の秋の大会に出場することも出来ました。

そんな経験から医療の道を歩むことを決意し、鍼灸学校を卒業後は、スポーツで有名な師匠の下で修業できることになりました。

夢と希望を持って働き始めましたがその初日、この師匠の指導があまりにも厳しいことに気が付きました。

人生で初めての肩凝りというものをその日に体験もしました・・。

一ヵ月後、私の指導係の兄弟子がその辛さに耐えれず涙を流しながら院を去っていく姿を目の当たりにし、それからも多くの弟子達のそんな姿を沢山見続けました。

そして私も6年間、怒られ怒鳴られ続け、身も心をボロボロになり退職を願い出ました。

働くという事が怖い。こんな状態になったのは全て師匠の責任、そう思いながら。

その後、私は心の治療のためにお寺で修行させてもらうことになりました。

朝は早くから掃除、質素な食事、後片付けから部屋で一人、今までの自分と向き合い続けました。

そんな日の中、ある時ふと『師匠に対しての自分の感謝が足りなかったのではないか、と気がつきました。

そして師匠だけでなく周りの人達に対してもそんな自分であった事に気がついたとき、が止まりませんでした・・。

それから自分の中で何かが変わり始め、また医療の道で修行する日々。

そしてそれまでの自分が仕事に本気で向き合っていなかったかに気付きました。

今では、見捨てずに指導し続けてくれた師匠に感謝!です。

2009年に開業させていただいてからも、色んな挑戦や挫折・経験がありました。

でもそんな中で今思う事があります。やっぱり自分は『人に喜んでもらう事が好き!』という事。

そして昔の自分の様に自分に自信が持てなくなっている人に、その人の良い所や可能性をいっぱい伝えたい!

人生はきっと楽しむためにあって生を楽しむためにやりたいことを思い切り出来るようサポートさせてもらい、それを一緒に喜びたい!楽しみたい!

そしていつか誰にでも来る最期のときに『この治療院に出会えてよかった』と思ってもらえるような感動する世界的治療院グループを創りたい!

沢山の人を応援出来る、強くて優しくて楽しい人間になりたい!

その為に日々勉強と挑戦、まだまだ道半ばですがどうぞ宜しくお願い致します!

 

辻  大稀(副院長)

■柔道整復師(国家資格)
■日本ペップトーク普及協会認定講師

高校時代の私はレスリング部に所属していました。良い思いでもたくさんありますが、思い返せば捻挫や打撲、むちうち、腰痛・・・ケガばかりの毎日でした。

そんな高校一年生のある日、腰椎を疲労骨折することになりました。

起立すらままならないほど痛く、これからどうなるんだろう?練習は?部活は?不安が波のように押し寄せてきます。

せっかく体が慣れてきて、モチベーションも高かった時期だけにどん底まで落ち込みました。そんな私を先生や家族、医療関係者の方が支えて下さりました。一年かけて完治に向かい、20人を超えるレスリング部の主将を任されるまで成長しました。

この体験を通して医療従事者やトレーナーの方に沢山お世話になり、素晴らしい職業があることを知った私はこの道を目指すことを決意し、宝塚医療大学へ進学しました。

大学では最新の知識を学び、肋骨骨折、鎖骨骨折、肉離れ等の外傷を実際の現場(大学附属治療院)で診る機会に恵まれ、とてもいい体験ができました。私自身も柔道部で肋骨骨折を経験しましたので、折り紙つきです(笑)

そして院長の患者様に対する想い、治療に対する熱意に感銘を受け、【なかざわ】の一員となり、励んでいます。

昨今AIが普及し、お買い物がネットで済まされたリ「人と人とのつながり」が希薄になりつつあると感じています。これからどんどんそんな時代になっていくことは明白です。でもそんな時代の流れに逆らって、人と人とのふれあいを大事にする院でありたい・・・そういう院にする!と決めています。

そんな私の治療への想い、それはこころまで元気にすることです。体を故障したとき、一番元気になったのは前向きな、励ましな言葉だったと思っています。こころが治療したいという前向きな気持ちになれば、体も治る気に向かっていくと信じています。

悪くなったところを治療するだけではなく、患者様のやりたいことができる気になってもらい、やる気が出て、元気になってもらえるように。3つの気を得てもらえるように、本気であなたに向き合って治療します。

言葉の力であなたのこころをやる気にさせ、治療の技術であなたのからだを元気にする治療家として、知識を蓄え、技術を磨き、言葉の力を高めていきます!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

秋山 宏美

■鍼灸師(国家資格)

私が生まれ育ったのは、九州の大分県

子どもの頃からおしゃべりでしたが、とっても引っ込み思案で大きな声で挨拶などできませんでした。学校では、給食と体育、図工の時間が大好きで、授業中は無駄口をたたくか教科書に落書きをして楽しんでいました。中学校ではバドミントン部で汗を流し、高校・大学ではフェンシングに青春を捧げました。

実は私の両親は鍼灸師で、ずっとその恩恵にあずかっていたはずなのですが、あまりありがたみを実感したことはなく、それどころか「しんどいときは鍼をするのが普通」ぐらいに思っていました。風邪の引きはじめにはお灸をされるので、仮病なんてしない方がマシ。体温計の数字がよく見えない親に、たとえ嘘をついて高めの体温を言ってたとしても脉をみればすぐバレるし(笑)。

親には、鍼灸師になればいいんじゃないか?と言われたこともありましたが、福祉学を学びたくて京都の大学を選んだ私は、卒業後も大分には帰らずそのまま生活支援(介護)の仕事に就きました。

交代制の変則勤務で、重度の障がいのある方もおられる施設だったので、めいっぱい動き回る毎日。上司や先輩・同僚にも恵まれ、たくさんのことを学びながら有意義に過ごしていました。

そんなある日、40℃近い高熱で寝込むことになります。さらに両手が腫れて激痛が走り、体には蕁麻疹が出ました。それは何週間も続いたのです。あちこちの大きな病院でいろんな検査もしましたが、原因は分からず。治るのか治らないのか、仕事に復帰できるのかも分からない。人に迷惑ばかりかけている自分も情けない。…この時は本当に生きるのがしんどいと思いました。長期にわたる高熱や体調不良で、精神的にも衰弱していたんです。

すがるような思いで病院に行ったのに、「…なんでしょうねぇ。解熱剤だしときます」と、さらりと言われたことが忘れられません。見捨てられたような気分でした。

そんな時、改めて感じた親の存在の大きさ。大分から駆けつけて治療し続けてくれました。病気の原因がはっきりしなくても治療ができるのは、東洋医学の強みだと思います。回復力を助けて、体内のバランスを整えることで元気にしてくれるのです。初めて東洋医学・鍼灸のよさを実感したのでした。

結果的に、何だかわからないまま発症から約1か月半後に職場に戻ることができました。奇跡だと思いました。未来のことをほとんど諦めていたので。

どんな状態になっても、置かれた立場での役割があるとは思っていますが、やっぱり元の自分に戻れたことが本当にありがたかったです。

この経験で、私はとてもたくさんのことを学びました(語り始めると日が暮れるだろうなー|д゚))。さらに鍼灸師をめざすきっかけともなり、私の人生の中で欠かすことのできないターニングポイントとなりました。

苦しんでいる人に寄り添い支えたい、そして苦しみを乗り越えて笑顔になれるようお手伝いしたい。

そう思って鍼灸師になりました。

ささいなことでもお気軽に相談していただけたら嬉しいです。

真心をもって施術させていただきます。よろしくお願いいたします。

 

道脇 誠

私は、小・中・高と野球部に所属し、野球を中心とした生活を送っていました。

正直に申しますと私はその生活の中でそれほど大きな怪我をした経験はありません・・・怪我をする程の努力が足りなかったと言えばそれまでなんですが・・・笑

その中でどんなトレーニングを行い、どんな身体の使い方をすれば上達できるか、技術、能力の向上に興味を持ち、スポーツトレーナーの学校に入学しました。

学校ではストレッチやテーピングなどを学び、大学アメフトのトレーナー活動のお手伝いをさせて頂く事もありました。アメフトは怪我の多いスポーツで、テーピング等もたくさん巻かせて頂く機会があり、授業とは違う、実際の現場での経験が非常に勉強になりました。

そんなトレーナー活動の中で、繰り返す捻挫の為に大切な試合に出る事が出来ずに涙する選手や怪我の為に黙々とリハビリメニューをこなし復帰を果たし笑顔で試合に臨む選手など、たくさんの選手を目の当たりにする事もありました。

その姿を見ていく中で私も辛い思いをしている選手達と同じ気持ちで復帰を目指し治療を行える人になりたいという思いからトレーナーの学校を卒業後、柔道整復師の学校に入学しました。

入学後は整骨院で働きながら学校へ通い、免許取得後も別の整骨院で6年程勤務し、そして知識、治療の幅をもっと広げたいと思い整形外科で7年程勤務させてもらいました。

整形外科では骨折後の可動域訓練等もさせて頂く機会もあり、大変勉強になりました。

その整形外科は、幅広い年齢層の患者様が来院されていました。高齢者の患者様もたくさんおられ、地域、社会の事など色々と教えて頂き勉強させて頂いたことが強く印象に残っています。院長先生も70歳を超えておられ、平日は院の二階で寝泊りし、診療終了後も困っておられる患者様の診療にあたられ、昔ながらの人対人の非常に親身になって患者様を診られる先生でした。その先生と一緒に働かせて頂き、診療や治療だけでなく患者様と人対人の治療をさせて頂くことの大切さを学ばせて頂いたように思います。

そんな中で中澤先生と出会い、先生の患者様に対する思い、人を大切にされる考え方などに感銘を受け、なかざわ鍼灸整骨院で働かせて頂くことになりました。

親身になって患者様の痛みや苦痛を取り除く為に知識、技術を磨き続けると共に人を大切にすることを信念とし、治療にあたりたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します!!

中澤 智美

■鍼灸師(国家資格)

趣味:電動糸ノコで木のおもちゃ作り

小児はりを担当させてもらっています。

私も育児まっただ中です。お子様だけでなくお母様の不安もお話の中で,何か一つでもアドバイス出来ればと思っています。

よろしくお願いします。

神田 紀久重(受付スタッフ)

好きな食べ物:お寿司とお肉

好きな本:日野原重明先生・渡辺友子先生の著作

好きなテレビ番組:料理番組・報道ステーション

趣味:ガーデニング 和服の着付け

必需品:手帳

生まれ変わったら:医療のソーシャルワーカーになりたい

 

お客様へ一言

患者様や若いスタッフに囲まれ助けられながら、毎日を楽しく、学びある毎日を過ごさせていただいております。

ゆったりとした待合室でお客様と語らい、早く元気になっていただきたいと思っておりますので、お気軽にお声かけください。

 

津崎 美紀(受付スタッフ)

今旅行で行きたいところ:ハワイ

好きな場所は:布団の中

好きな言葉は:一期一会

好きな飲み物:紅茶

集めているもの:ネイルカラー

好きな色:エメラルドグリーン・ワインレッド

 

お客様へ一言

以前こちらで働いていました、旧姓”高室”です。

中澤先生のお誘いを受けて、また受付で働くことになりました。

施術前や施術後に楽しくお話させて頂けると幸せです。

よろしくお願いします。

 

 

 

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

 

受付時間

 
9:00~21:3012:00

21:30
9:00

17:00
※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

タイトルとURLをコピーしました